ごっこ遊びは脳を活性化させる!おままごとの力

おままごと道具の選び方!

道具はプラスチックから木製の製品まで様々あり、中にはシステムキッチンのような大型のセットまで販売されています。確かに玩具として販売している物も可愛く本物に近い製品もあり見ていても楽しげではありますがお金をかけない方法では本物の台所用品を使わせます。使い古した捨てる予定の物で充分で子供は工夫して遊びますので問題ありません。小さい子供では投げたり舐めたりするので口に入れても問題ない物などを考慮して選んであげても良いです。

最初は親も一緒に遊びます!

最近は少子化で兄弟姉妹の少ない家庭や一人っ子家庭も多くおままごと遊びも一人では楽しくないと考えられます。最初のうちは親が一緒になってお付き合い程度に遊んであげて自分で話やストーリーを描けるようになったら人形やぬいぐるみを相手にするように仕向けても良いです。男女関係なく遊びますが、自分の家庭を反映させたリアルな話や言葉使いをするので客観的に観察すると面白く、親も自分自身に対する反省点が見えるかもしれません。

脳を育てる!おままごとの方法とは?

おままごとで、人との付き合い方を学びます。一人で縫いぐるみや人形相手でも、空想の中ではイキイキと話しているのですから例え都合よく話しているように見えても「話しかける」練習が出来るのです。将来、友人を作る際に役立ちますので誰かに優しくする・思いやりを育てる意味でも重要な遊びなのです。両親の言動・行動を反芻して学習する場でもありますから普段からの自分自身の言葉使いや応対など気をつけて真似されると考えて行動します。

木のおもちゃのままごとは小さな子供が乱暴に扱っても壊れないように配慮されており安全性も考えられています。