知ってビックリ!結婚指輪の起源と長い歴史

花嫁にとっては「売られた証」だった紀元前

永遠の愛の証とされている結婚指輪ですが、その起源はとても古く紀元前1世紀頃の古代ローマ発祥とされています。指輪は鉄でできたシンプルなもので、愛の証とは程遠い意味を持っているものだということは意外に知られていないでしょう。当時の古代ローマでは花嫁をお金で買うのが当たり前で、指輪は花嫁にとって「売られた証」として父親から贈られていたようです。指輪は花嫁のみなので「指輪交換」もされず、所有を明らかにするという証として使われていた歴史を持っています。

愛の証として最初につけたのはローマ教皇

お金を支払って花嫁を買った証として使われてきた指輪が、ついに愛の証として使われるようになったのは9世紀のことです。当時のローマ教皇ニコラウス1世が、結婚と愛を誓うものとして身につけたのが最初とされています。これを受けて、裕福な貴族を中心に結婚指輪が流行るようになりました。花婿から花嫁へ金の指輪を、花嫁から花婿へ鉄の指輪を贈る「指輪交換」がされるようになったのが11世紀とされています。花嫁に贈る指輪のみに豪華な金を使っていて、花婿には鉄の指輪を使うなんて当初の使い道からは想像できない変化ですよね。

日本での歴史はまだまだ浅い

日本での結婚指輪の歴史は浅く、江戸時代後期に長崎在住のオランダ人から広まったとされています。挙式で指輪を交換するようになったのは戦後からだそうですが、それを感じさせないほど普及しています。左手薬指に結婚指輪をする由来は古代ギリシャで、この指の血管は直接心臓に繋がっていると考えられていたようです。その大切な指に「つなぎ目も終わりもないリング」をつけることで、永遠の愛を誓うとされています。花嫁がお金で買われていた時代から愛を誓うものへと変わり、そして日本でも広まった長い歴史を持つ結婚指輪に2人の愛も更に深まることでしょう。

結婚指輪は夫婦関係である男女が左指の薬指に付ける指輪です。結婚式でも指輪の交換で用いられる重要なアイテムです。