大人には大人の選び方がある!!子供っぽくならない大人リュックとは!?

最大のポイントは!?

リュックを取り入れたコーデが流行っているものの、自分が持っている感じの服だと合わせられないと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、大人には大人の選び方というものがり、ランドセルのようにも山登り風にも見えない、カジュアルすぎず、そして目立ちすぎない、普段からつかえるデイリーリュックを手に入れることが大事になります。最大のポイントといっても過言ではないのが、色と柄です。どんな服にでも合わせやすいのは、ベーシックカラーと渋めのカラーでこれなら多色づかいでも、柄物であったとしても問題ありません。紺やグレー、ベージュカラーはリュックの子供っぽさを消してくれますし、カジュアルでない服装の時でも品よくまとまりますよ。

レザー調で大人っぽく上品に

リュックの素材は生地にある程度ハリがあって、荷物をいれても型崩れしないものだと、きちんと感や清潔感がだせます。ナイロンやキャンパス地などが多いですが、ある意味、リュックらしくないレザー調のものであればコーディネート全体が上品にまとまるでしょう。ツヤ感のあるレザー調ならリュックでもバッグのようなきちんと感が生まれます。また、本物のレザーの高級感もいいですが、デイリーリュックとしてチョイスするなら軽くて使いやすいフェイクレザーもいいでしょう。小ぶりで女性らしい形のものなら、黒でも重くなりすぎず、パンツスタイルやモノトーンの服装にもよくなじみますよ。

縦ベルトですっきり感を

リュックの形として最もつかいやすいタイプはプレーンなオーバル形ですが、ベーシックな形でもロゴや底がスエードなどだと、いまどき感がでてきます。ふたつきタイプやスクエア型なども取り入れてみるといいでしょう。ポケットの有無などで、使い勝手もかわってくるので、自分の持ち歩く荷物をイメージしながら選んでいきます。また、縦方向にベルトがあれば、縦ラインが強調されてすっきりとみえるので、荷物を担いでる感がなくなり、コーディネイト全体がきれいにまとまって見えるようになるでしょう。

男女を問わず、幅広い世代にリュックの人気が広がっています。そのために、売却を希望しているなら、高額で取引できます。